札幌市中央区
新築分譲マンション

MENU

エクステリア

ヨーロッパ建築の気品漂う
存在感のある外観意匠で誕生。

ヨーロッパの格式あるリゾートホテル。その優雅で洗練された雰囲気をイメージしながら、外観をデザインしました。変化のある住棟構成やカラーリング、風格のある佇まい、そしてスケール感。街の新たなランドマークとなる条件は、すべて備えていると言ってもよいでしょう。ここに住むことへの誇り。ここのオーナーであることへの誇り。それらを、この建物は静かに体現しています。

お届けしたいのは
ヨーロッパの建築美を
継承する新しい心地よさ。

ヨーロッパでは、建造物は単に機能する空間ではなく、一つの芸術であるという考え方が古くから定着しています。建物の美しさは、街並みの美しさであると同時に、人々の生活の一部であり、日々の暮らしと一体になっています。数百年の歴史を刻んできた重厚で繊細なそのデザインは、今も変わらぬ新鮮さを放っています。そして、これから100年先も輝きを失うことなく、人々の目を楽しませてくれるに違いありません。「グランファーレ円山北レジェンドスクエア」がこだわり続けるユーロデザイン。本物だけが持つ上質なディティールを暮らしの中に採り入れました。暮らし続ける大切な佇まいだから、そこには普遍の価値を求めたい。ヨーロッパ建築の持つ魅力と住まいづくりのフィロソフィー。「グランファーレ円山北レジェンドスクエア」は、パリに建ち並ぶ美しい建物をベースにデザインされています。

格調とモダンが調和する
迎賓の空間。

ヨーロッパ建築の魅力といえば、美しくしなやかな流線型を描く丸みのデザインと、凛々しく重厚感を抱かせる直線の妙といえるでしょう。古代ギリシャ時代の神殿建築に見る様な、天へ向かって伸びるまっすぐな柱。そしてこの安定感ある直線の柱に対し、横のラインには美しい流線型のデザインを施す。これこそまさにヨーロッパ建築の特徴といえます。また屋上に設けたカリヨン(釣り鐘塔)のようなドームや、アンティーク飾りなど、ヨーロッパ建築の優美さを忠実に再現した一邸です。

歳月を経ても色褪せない偉容。
豊かな環境と開放感を表現したファサードデザイン。

格調漂う高品位レジデンス。住むことによってブランドが生まれ、そして癒される空間環境。欧風建築のテイスト香る外観フォルムの中に数種のカラータイルで街に呼応する豊かな表情を持たせました。この地を選び、四季の自然と共生し、ともに高め合う存在であるために。外観フォルムには、そんな住まいの在り方の予感が潜んでいます。日々育まれていくコミュニティも、心地よい生活のリズムとなることでしょう。